作業を始める

軽食

手すりは材料が有ればDIYでも取り付ける事は可能なのですが、しっかりと取り付けることがとても大切です。手すりにはある程度の荷重がかかりますので、説明書などをしっかりと読んでから作業を始めるようにしましょう。取り付けをする際には、ドライバーなどの工具がいくつか必要になりますので、事前に準備しておくようにします。柱に下穴を開ける際には電動ドリルが有るととても楽ですから、出来る事なら用意しておくことをおすすめします。もし取り付けに自信がなかったり、やってみたものの上手く出来なかった場合は、業者に依頼すれば取り付けてもらえます。業者ならしっかりと頑丈に取り付けてくれますので、ぐらつく様な事も無く安心して手すりを使用することが出来ます。

手すりの材料はホームセンターに行けば、いろいろな種類の金具などが売られていますので、選んで購入する事が出来ます。ただし事前に取り付ける場所のサイズを測っておいたり、どういうふうに取り付けるか考えておくことが大切です。もしホームセンターだけで材料が揃わなかった場合は、インターネットの通販サイトでも購入することが出来ます。ちなみに手すりに使う丸棒は2000円から3000円程度、金具は700円から800円程度します。ですから手すりを一箇所に取り付けると、4000円から5000円程度の費用がかかることになります。業者に依頼したら材料費以外に諸経費がかかりますので、2万円から3万円程度かかると考えておいたほうが良いでしょう。